Vm

5度のマイナーが美しいオタクの曲を紹介

 


サビ 0:49~

 

I           Vm7    I7

ぐるぐるしてても お いてかないの

 

我的妹妹哪有這麼可愛(中国人)のキャラソン

 


Bメロ 0:40~

 

      ♭VI△7 Vm7       IV△7    IIIm7

夢(ゆ め)希  望 溢(あ ふ)れ て

 

直前のSDmのインパクトがすごい

 


サビ 1:18~

 

   IIIm7        VIm     Vm7 #IV7-5

なら せめてこの歌声(ご え)だけでも  届 け

 

#IVm7-5はよく見るけど#IV7-5ってかなり変なコードだと思う

 

Bメロ 0:47~

 

Vm7   I      IV

幸(しあ わ)せの意 味が 

 

 

サビ 1:11~

 

VIIm7-5 III7   VIm #Vaug  Vm7 Iaug

答えは  真剣 勝負 のな  か

 

♭VII(Vm7の短三度)でハモってるのが素敵

 

 


Bメロ 0:53~

 

    I/V   #Vdim  VIm7    Vm7 I7

涙(な みだ) の味がま だ残って る

 

 

いいね

あいう

セカンダリドミナント上のスケールについて、解決先がマイナーである場合には解決先のルートを主音とするハーモニックマイナーを想定するらしいが、ナチュラルマイナーやメロディックマイナーに置き換えたらどうなるのかな?と思ったので仕事中に考えていた(仕事は?)

 

①(V7→I△)、I7→IV△、II7→V△

行き先がメジャーなので割愛 ドミナントのルートを主音とするミクソリディアンが使えます(=Iイオニアンのうちドミナントセブンスに含まれる音だけを変化させたスケール 例えばI7上では、Iミクソリディアン I II III IV V VI ♭VII)

 

②VI7→IIm

・IIハーモニックマイナー(=VI Hmp5↓)を想定すると、構成音は

#I II III IV V VI ♭VII

ところで、VI7の構成音はVI #I III Vであるが、IIハーモニックマイナーにはVI7の構成音でなく、かつIイオニアンに含まれない♭VIIという音が出現する このようにハーモニックマイナーを想定した場合に、コードトーン以外でIイオニアンから変化する音が出てくるパターンはVI7のみである

・一方で、IIナチュラルマイナー(=VIフリジアン)を想定すると、

I II III IV V VI ♭VII 

これはVI7の構成音である#Iを含んでいないためよろしくない

・また、IIメロディックマイナー(=VIミクソリディアン♭6)を想定すると、

#I II III IV V VI VII

先ほどのIIハーモニックマイナーの、♭VIIがVIIに直った音階が無事出現する

 

③VII7→IIIm

・IIIハーモニックマイナーを想定すると、構成音は

I #II III #IV V VI VII

#II、#IVはVII7の構成音である

・IIIナチュラルマイナーを想定すると、構成音は

I II III #IV V VI VII

VII7の構成音である#IIを含んでいないため不適

・IIIメロディックマイナーを想定すると、構成音は

#I #II III #IV V VI VII

VII7の構成音でなく、かつIイオニアンに含まれない#Iが出現する

 

④III7→VIm

・VIハーモニックマイナーを想定すると、構成音は

I II III IV #V VI VII

#VはIII7の構成音である

・VIナチュラルマイナーを想定すると、構成音は

I II III IV V VI VII

III7の構成音である#Vを含んでいないため不適

・IIIメロディックマイナーを想定すると、構成音は

I II III #IV #V VI VII

III7の構成音でなく、かつIイオニアンに含まれない#IVが出現する

 

以上、ここに書きながら考えた結果、「マイナーに行く場合ハーモニックマイナーを想定するんだ~→VI7だけはコードに関係ないVIIがフラットするから気をつけようね」ぐらいに考えていたが、メロディックマイナーを想定することにより更に変化のバリエーションが増えるということが分かった あとナチュラルマイナーは無理だということが分かりました

 

例えば、Cメジャーの曲でセカンダリドミナントのE7を使うときに、E7にはスケール外のG#という音が含まれるので、CメジャーのGをG#に変えた C D E F G# A B というスケールがE7の上で使えるけど、実は C D E F# G# A B みたいに、E7の構成音に全然関係ない音であるFをシャープさせたスケールも使えちゃうよということです

ドミナント上でこの考え方だけでも2種類のスケールが使えるということが分かったので、今度試してみたい

 

音楽について勉強していると色々興味が出てきて算数的な面白さもあってとても楽しいが、鼻くそみたいな曲しか作れないので頑張って手も動かしていきたいと思います

IVm

4度のマイナーが美しいオタクの曲を紹介

 


Bメロ 1:07~

 

IIm7  I△7    IVm7 IV/V V

君はも う泣かない の

 

 


サビ 1:03~

 

IIm    IIIm   IVm    V

時として バイオレ ンス ああ

 

ヒラメ

 

 

サビ 1:08~

 

I     Iaug    IV     IVm△7/♭VII ♭VII7

Why?理由 なんて知ら ないハート が君     と

 

どちらかというとテンションモリモリの♭VII7に近い気がしないでもない

 


サビ 0:54~

 

I     IIIm7   IV△7    IVm6

僕は君の 翼になれ る勇気がある よ

 

 

 

 

 

いいね(そうですか.)

のうきん

見た

 

最後までみたら思ったより(失礼)面白かった

 

☆★☆登場人物☆★☆

・マイル

車に轢かれて異世界にやってきた 落ち着きがない 髪が多い

ちゅき♡

 

・レーナ

サバサバしているが暗い過去があり、割と重い女である

微妙

 

・メーヴィス

菊地真っぽい

微妙

 

・ポーリン

会計係?の人 胸がデカい

ちゅき♡

 

 

基本的に適当で明るい話が多いのが良かった 暗い話が苦手なので

ちょっとパロネタが多いのが鼻につくかな^-^;;

 

恋愛暴君

見ました

 

1~3話でメテオ降ってきたけど最後まで見たら割と良かった

最後もしっかり話がまとまって終わっていた気がする でも最終話終了2分前まで重厚なストーリーがモリモリ詰め込まれる詰め放題セールはやめてほしい

 

☆★☆★☆★☆登場人物紹介☆★☆★☆★☆

名前にキャラの髪の色が入っているパターンが多い ○級アニメによくある設定(!!)

 

・グリ

天界からやってきた愛のキューピット 落ち着きがない

吉能がアニメの主役で活躍していて、パパは嬉しいです。

 

・緋山茜

マルボウ女無理(御坂美琴以外(え?))だから厳しい

 

・白峰樒

上に同じだけど終盤は好感度が高かった

 

・黄蝶ヶ崎柚

凄い名前だけどあまり覚えていない

プリキュア黄瀬やよいに似ている

 

・藍野あくあ

主人公の妹 ボーイッシュで良い

 

・椎名さん

忘れた

 

・キモい猫

 

 

終わりです(完)